勤怠管理システムで時間外労働の社員を把握する

勤怠管理を表計算用のソフトを利用して行う場合、給与担当者にとって大きな負担となってしまう可能性が高いです。


表計算ソフトを利用した場合には、リアルタイムでの勤務状況を把握する事が出来ないだけでなく、集計作業も手作業で行う必要が生じてしまいます。

そこで、勤怠管理のソフトを導入する事によって、社員の適正な労働時間を管理する事が可能になるだけでなく、給与計算も低コストで行う事が出来るようになるのです。

多くの会社で、労働時間の申請はワークフロー形式で行われています。

All Aboutの情報はこちらです。

そのため、上司の承認を受ける事が出来なければ残業や時間外労働を許可してもらう事ができません。



そこで、勤怠管理ソフト上で承認を可決してもらう事により、時間外労働の許可を迅速に受ける事が可能となるのです。
また、時間外労働が上司によって否決された場合でも、すぐに結果をメールで送信する機能が付いていれば、従業員の時間を無駄にする事が無いのが大きなメリットとなります。
社員の労働環境に関する勤怠管理については、労働時間が異常に長いと判断された従業員に対して、管理ソフトから自動でアラートが発信されるという仕組みが用意されているのです。



労働の超過時間に合わせて段階ごとに警告メッセージが画面上に表示されるために、健康状態に配慮しながら従業員の体調を管理する事も可能になります。
労働時間を適切に保つ事によって、労働に対する効率も上がるというメリットが期待出来るのです。